沖縄旅行でぜひ手に入れたいセンスの良い工芸品3選

沖縄のおチョコ
沖縄は工芸の宝庫といわれ、染織、陶芸をはじめ、ガラス、漆器、金工など、豊かな自然と永い歴史に育まれて、いまに続いています。若い従事者も多く、新しい試みも数多く行われ、活気があります。昔ながらのものから、現代の生活・趣味趣向にあわせたものまで実にバラエティ豊富で、実際の生活に取り入れれば、彩りを添えること間違いナシです。ベテランの名工からセンス抜群の若手まで様々ですが、ここでは特におすすめしたい3つの沖縄工芸品をご紹介します。



沖縄旅行でぜひ手に入れたいセンスの良い工芸品3選

 

1.沖縄の工芸品といえば一番は陶器

沖縄の陶器
シーサーはよく知られていますが、お皿、お茶碗、湯飲みなど伝統的なものから、コーヒーカップ、ビアタンブラーなど現代的な洋風食器も数多く作られています。

その技法も実にさまざまですが大きく分けて

あらやち(釉薬をかけないもの)

じょうやち(釉薬をかけたもの)

に分けられますが、絵付けの仕方も、線彫り、刷毛目を特徴とするもの、赤絵など伝統的なものから、全く新しく本土の技法や素材を取り入れたものなども多く造られています。沖縄生まれの作家さんだけでなく、本土からも多くの陶芸家が移住して制作に当たっています。

昔は那覇市の中心部、壺屋がそのメッカでしたが、今では、読谷村の『やちむんの里』が中心地となっています。やちむんの里に行くとそれぞれの作家さんの工房があって、そこに作品が並べられていますが、プレッシャーが掛かって選びにくいという方は、壺屋に売店がたくさんありますので、そこに行かれるか、沖縄県に多数ある民芸店・工芸店も活用すると良いと想います。

また、食事で居酒屋などを利用したときに使われている食器を見て、気になったら作者をお店の人に聞いておくのも良いです。沖縄の料理店ではたいてい沖縄の陶芸家の作品を使っています。

選ぶ時のポイントですが、まずはあちこちの工房、お店をまわってまんべんなく作品を見ることです。これはどの工芸品を見るときも同じです。その中には必ず、ひとつは心に残るものがあるはず。予算もあると想いますので、気に入った作品は、値段を確認しておくと良いでしょう。

沖縄は『民芸の宝庫』。民芸というのは普段使いのものですから、買って帰って普段に使えるものを選ぶと良いでしょう。置物も良いですが、お茶碗や湯飲みなど普段から使えるものの方が、愛着が湧き、使うほどに味わいが出てくることでしょう。それが沖縄の陶芸の楽しみ方でもあります。

 

2.美しさが際立つガラス工芸

琉球ガラス
ガラスは沖縄では比較的新しい工芸品です。米軍の捨てたコーラの瓶を溶かして再利用したのがはじまりで、今では多くの作家が創作活動をしています。

ガラス工芸品の中でも『泡ガラス』が沖縄の特徴的なものとして良く紹介されます。稲嶺盛吉さんが作り出した物ですが、泡に乱反射する光とふんわりとしたフォルムが非常に美しいです。

沖縄ガラスは恩納村でその多くが造られています。国際通りでも沖縄ガラスは購入できますが、『センスの良い』ということになれば、恩納村や那覇などの民芸店・工芸店でお求めになると良いでしょう。

選ぶ時のポイントは、どっしりと重量感のあるものを選ぶ事です。だんだんと手になじんで、ビールや泡盛も美味しく感じられるはずです。

グラスだけでなく、ペーパーウェイト、置物などいろんなものが造られています。日本国内でこれだけ多くの手作りのガラス製品を作っている産地はありませんから、じっくりとお楽しみ頂きたいです。

 

3.色鮮やかなでデザイン性の高い織物

沖縄の織物
沖縄の織物といえば、着物や帯と想われがちですが、今ではその布を加工して様々な製品が作られています。絣はもちろん、花織や芭蕉布でも財布やバッグが造られ店頭を飾っています。

その中でもミンサーやその加工品をお勧めします。

ミンサーとは本来、『メンサー』で綿の幅の狭い織物の事を言い、今は半幅帯や角帯として織られる事が多いです。首里、読谷、石垣などで織られていますが、手織りですからしっかりして長く使えます。

着物や帯と違い、素材が安価で織り手も自由な発想で織られていて、作品も伸び伸びしています。コースターやテーブルセンター、財布、名刺入れ等々加工品の種類も多く、普段使いの工芸品として気軽に楽しむことが出来ますよ。

 

沖縄旅行でぜひ手に入れたいセンスの良い工芸品を3つご紹介しました。沖縄にはたくさんの工芸品があります。それらはすべて、使ってこそ価値があり、使うほどに愛着が湧く、というものです。お気に入りの一品を見つけることができれば、きっと毎日の生活が楽しくなりますよ。

まとめ

沖縄旅行でぜひ手に入れたいセンスの良い工芸品3選

1.沖縄の工芸品といえば一番は陶器
2.美しさが際立つガラス工芸
3.色鮮やかなでデザイン性の高い織物



お試し

お試し

情報の取り扱いの注意/免責事項

Copyright (C) 2015 okinawa-contents.com All Rights Reserved.