土産品として人気も高い鮮やかな色の琉球漆器コレクション5選


琉球漆器の歴史は14〜15世紀にさかのぼり、大交易時代、中国との最大の交易品でした。中国で造られる漆器を参考にして、沖縄でも様々な技巧がほどこされ、独自の発展をすることになりました。

特徴はあの鮮やかな赤。そして、堆錦といわれる立体感のある絵付けです。重箱などの高級品には螺鈿がほどこされるなど本土の漆器とは違った華やかさを誇っています。その中でも、『お土産品』としてお勧めしたい5つをご紹介します。
[続きを読んでみる・・]

情報の取り扱いの注意/免責事項

Copyright (C) 2015 okinawa-contents.com All Rights Reserved.