なんだかなー。ちょっとがっかりした沖縄の残念な5つの点


沖縄旅行では、南国らしいキレイな海と自然、独特な空気感、伝統文化等に魅了され、リピーターになる人も多いことでしょう。年に数回沖縄を訪れたり、長期滞在をしたり、やがて移住を考え始める人も多いと思います。

移住してみると想像どおり、年中暖かくて過ごしやすいとか、海を見ながら通勤できて幸せとか、良いことも沢山ありますが、帰省する旅費でボーナスなくなるとか、潮風で車のマフラーに穴が開くとか、予想していなかった残念な現実もあるのです。今回は移住先が沖縄だからこそみえてくる、ちょっとがっかりする残念な点を5つご紹介します。

[続きを読んでみる・・]

沖縄移住が成功し長く住み続けているひとに共通する5つの考え方

ミッションビーチ

亜熱帯気候で青い空と海が広がる「南の楽園」、お年寄りが元気な「長寿の島」というイメージが定着し、国内の移住先に関するアンケートでは常に1位、2位を争う沖縄県。毎年約25,000人もの人々が沖縄県に転入しています。

なかでも、「年を取ったら暖かいところで暮らしたい」というリタイヤ世代や、その予備軍には憧れの地となっています。

しかしながら現実の沖縄社会は厳しく、移住はしたものの夢破れてUターンする人がかなりいるのも事実です。

沖縄移住に成功して長く住み続けているひとと、失敗してしまったひと。その考え方の差はどこにあるのでしょうか?沖縄移住が成功し長く住み続けているひとに共通する5つの考え方をご紹介します。

[続きを読んでみる・・]

沖縄移住を予定している人が聞きたくない不都合な3つの真実

頭を抱える男性
最近の気候変動のせいか、いまや避暑地としての利用価値も生まれつつある沖縄県は、移住希望者の数も年々増加する傾向にあります。真夏の気温は意外にも、30度を大きく超えることはありません。東京や大阪などの大都市圏での真夏の猛暑は、ビックリするくらいの高温になりますよね。沖縄では、日陰にかくれて直射日光さえ避けていれば、なんとかなります。

しかし、東京より暑くないから大丈夫ってだけでは、実際の沖縄生活がうまくいくとは限りません。本気で沖縄に移住をしたいと考えている方が実行に移す前に、3つの不都合な真実があることをお伝えします。

この3つの不都合な真実を知り、それでも沖縄に移住したいと本気で思えるのなら、移住後の困難を乗り越えて、たのしい沖縄ライフをエンジョイできることでしょう。
[続きを読んでみる・・]

情報の取り扱いの注意/免責事項

Copyright (C) 2015 okinawa-contents.com All Rights Reserved.