沖縄にある道の駅で買える「ならでは!」な沖縄食材7つ


沖縄の所々にある道の駅。めずらしい沖縄ならではの食材も豊富に取り扱っているので、ついつい立ち寄りたくなりますよね。

新鮮なお魚や、沖縄の陽をたっぷり浴びた果物や島野菜など、直売食材も多いです。

めずらしい食材で食べ方がわからない時は、今はインターネットでも簡単に検索できますし、販売されているお店の方に聞いてみると、沖縄ならではの調理方法などを教えてもらえるかもしれません。

今回は、沖縄に行ったらゲットしてほしい道の駅で買える7つの沖縄食材をご紹介します。
[続きを読んでみる・・]

土産品として人気も高い鮮やかな色の琉球漆器コレクション5選


琉球漆器の歴史は14〜15世紀にさかのぼり、大交易時代、中国との最大の交易品でした。中国で造られる漆器を参考にして、沖縄でも様々な技巧がほどこされ、独自の発展をすることになりました。

特徴はあの鮮やかな赤。そして、堆錦といわれる立体感のある絵付けです。重箱などの高級品には螺鈿がほどこされるなど本土の漆器とは違った華やかさを誇っています。その中でも、『お土産品』としてお勧めしたい5つをご紹介します。
[続きを読んでみる・・]

沖縄旅行でぜひ手に入れたいセンスの良い工芸品3選

沖縄のおチョコ
沖縄は工芸の宝庫といわれ、染織、陶芸をはじめ、ガラス、漆器、金工など、豊かな自然と永い歴史に育まれて、いまに続いています。若い従事者も多く、新しい試みも数多く行われ、活気があります。昔ながらのものから、現代の生活・趣味趣向にあわせたものまで実にバラエティ豊富で、実際の生活に取り入れれば、彩りを添えること間違いナシです。ベテランの名工からセンス抜群の若手まで様々ですが、ここでは特におすすめしたい3つの沖縄工芸品をご紹介します。
[続きを読んでみる・・]

沖縄のサンゴを養殖技術からうまれたビーズ珊瑚が大ヒットしそうな5つのワケ

手のひらの上にビーズ珊瑚
沖縄県といえば、青い海に白い空。そして、海中に広がるサンゴ礁とそこに群がる色とりどりの熱帯魚たち。
んなイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。スキューバダイビングでは慶良間諸島や石垣島の海でそういった光景を見ることができますよね。

でも、そんな離島の海まで行かなくても、沖縄本島の沿岸地域にも豊かなサンゴ礁がありました。それこそ、どこの海にでもサンゴ礁が広がっていて、当時はそれが当たり前だと思われていました。

ところが、開発による赤土の流出や、生活排水の影響、地球温暖化などの影響で、沖縄県のサンゴ礁は激減してしまったんです。今、見ることが出来るサンゴ礁は全盛期の半分以下。そんな危機的な状況をどうにかしようと、サンゴの養殖に長年取り組んでいるNPO法人が与那原町にあります。

グローイングコーラル。長年の経験と独自の理論に裏付けられた優れたサンゴ養殖技術を誇り、数々の特許も持っているスゴイ会社です。ここで作られている「ビーズ珊瑚」という商品があるんですが、これがすごい商品なんですよ。

今回は沖縄のサンゴを養殖技術からうまれたビーズ珊瑚が大ヒットしそうな5つのワケをご紹介します。沖縄からまたひとつヒット商品が生まれそうな予感がする。
[続きを読んでみる・・]

沖縄旅行の感動をお持ち帰りできるオススメお土産5選

星の砂

楽しかった沖縄の旅の思い出には、何をお持ち帰りしますか?

昔からの沖縄土産で有名な「ちんすうこう」をはじめとするお菓子、色とりどりの野菜や果物を使ったスイーツや飲み物、ソーキそばやタコライス、じゅーしーなどの沖縄グルメをお土産にしたものなど、ご当地食べ物系はいつでも人気者ですね。

また、華やかさと上品さを兼ね備えた琉球紅型、芭蕉布、みんさー織り、宮古上布など歴史や暮らしをしのばせる手織り布を使い、島の風物をモチーフにした小物類や、貝ガラや木の実、草花などの自然素材を生かしたアクセサリー、民芸品は、女性や若い方の沖縄土産に喜ばれています。

旅の感動を持ち帰るお土産選びのヒントとして、沖縄らしさにこだわった沖縄土産5選をご紹介いたします。
[続きを読んでみる・・]

情報の取り扱いの注意/免責事項

Copyright (C) 2015 okinawa-contents.com All Rights Reserved.