沖縄移住が成功し長く住み続けているひとに共通する5つの考え方

ミッションビーチ

亜熱帯気候で青い空と海が広がる「南の楽園」、お年寄りが元気な「長寿の島」というイメージが定着し、国内の移住先に関するアンケートでは常に1位、2位を争う沖縄県。毎年約25,000人もの人々が沖縄県に転入しています。

なかでも、「年を取ったら暖かいところで暮らしたい」というリタイヤ世代や、その予備軍には憧れの地となっています。

しかしながら現実の沖縄社会は厳しく、移住はしたものの夢破れてUターンする人がかなりいるのも事実です。

沖縄移住に成功して長く住み続けているひとと、失敗してしまったひと。その考え方の差はどこにあるのでしょうか?沖縄移住が成功し長く住み続けているひとに共通する5つの考え方をご紹介します。



沖縄移住が成功し長く住み続けているひとに共通する5つの考え方

 

移住成功者に共通する考え方1 準備は細心に、決断は大胆に

沖縄は暖かいし暮らしやすそうだから、行けば何とかなると思っていたら、それは間違いです。どこに移住するのでも同じですが、ちゃんとした計画と準備が無ければ、成功する訳がありません。

インターネットや書籍などで情報を集めるのはもちろんですが、沖縄県の東京事務所や「沖縄観光コンベンションビューロー」などを訪ねて直接相談するなど、疑問があれば納得するまで調べることが大事です。移住までの準備は十分な時間をかけて、細心の注意を払って進めましょう。

それと同時に、チャンスが訪れたときにはすばやく決断することが必要です。例えば、移住ブームが続く沖縄では、住まい探しはけっして簡単ではありません。気に入った物件が見つかったら、その場で決断できるかどうかが重要です。これは、働き口を探したり、ビジネスを始める場合でも同じですね。

逆に言えば、万全の準備を進めてきたからこそチャンスを逃さず、自信を持って大胆な決断ができた、というひとが成功すると言えるでしょう。

 

移住成功者に共通する考え方2 「よそ者」としてお邪魔する覚悟

沖縄に移住するということは、沖縄の人々の生活に「よそ者」としてお邪魔し、住民の一人として認めてもらうことです。

そのためには、地域の人と一緒に考えて行動することが大事です。沖縄に甘えるだけでなく、何かを与えられる住民になる姿勢があれば、仲間として認められ、移住が成功する可能性はぐんと高まります。

沖縄ではどこでも、地域の人が必ず参加する行事が決まっています。面倒だと思うかもしれませんが、参加しなければ地域に受け入れてはもらえません。「郷に入れば郷に従え」です。

那覇のような都会は別にして、小さな町や村、島では、みんなが知り合いです。こちらは知らないと思っていても、地元の人はこちらを知っていることもよくあります。出会ったひととは誰とでも気持ちよく挨拶し、仲良くなることを心がけましょう。

 

移住成功者に共通する考え方3 人間関係は自分から広げる

沖縄には「イチャリバチョーデー」という言葉あります。「一度出会ったひととは兄弟のように親身に接する」という意味で、人間関係をとても大切にするウチナーンチュ気質を表わしています。

それを証明するのが、飲み会で顔を合わせた人と街で出会ったら「あ~、久しぶり」と挨拶して、もう旧知の間柄になっていること。あとはお互いさまで、自然に頼み事をしたり、されたりする「横のつながり」が出来上がるのです。

ですから、最初は取っ付きにくい印象があっても、自分から溶け込む努力をすることです。そこで相手が心を開いてくれたら、遠慮なく甘えて人間関係を広げましょう。子供の関係、趣味のサークル、町内会など、地域のコミュニティーに関わるのを避けるのは、新たな楽しみに出会うのを避けているのと同じ損失ですよ。

 



 

移住成功者に共通する考え方4 沖縄を愛し、丸ごと楽しむ

いくら南の楽園と言われようと、沖縄は夢の国ではありません。

自然が豊かであるということは、とりもなおさず生活に必要なインフラも未整備であるということ。買い物、教育、医療、各種の公共サービスなど、生活の利便性が都会より劣っているのが現状です。

沖縄と本土では、風習も考え方も生活常識もはっきり違います。日々の生活で、さまざまなカルチャーショックや習慣の違いから生じるトラブルに遭遇するのは避けられません。

それでも、夢のように美しい景色、おおらかで優しい人々など、沖縄にはそんな苦労を忘れさせるほどの良さがあるのも確かです。

沖縄を愛し、ウチナーンチュと一緒の日々を楽しもうという姿勢が大事です。何でもプラスに考えて、いろいろな苦労も「面白い経験だ」と楽しめるようになれば、移住成功への道を歩めることでしょう。

 

移住成功者に共通する考え方5 お金で買えないものの価値を知る

賃金水準が低い沖縄の給料は全国平均の7割ぐらいと言われます。実際は、労働時間の長さや社会保険や福利厚生不足などを考慮すると、全国平均の半分程度かもしれません。

それでも「ナンクルナイサ~」と明るく、楽しく暮らしているのは、お金以外の価値がたくさんあるからではないでしょうか?

移住して長く暮らしているひとからは「沖縄で暮らしているうちに物欲が無くなった」という話をよく聞きます。収入の多さを望まず、生活できるだけのお金があれば良い、それよりは美しい自然、優しい人、ゆったりとした時間など「沖縄に暮らす幸せ」を大事にしたいというライフスタイルを身に付けたひとが移住成功者になるようです。

 

いざ移住してみると「こんなはずでは・・・」ということも多いでしょう。そんなピンチを乗り切るヒントとして、沖縄移住に成功している人たちの考え方を5つご紹介しました。

夢と現実のギャップを直視し、生き方をアジャストする柔軟さを持って、沖縄移住を成功させてくださいね。

まとめ

沖縄移住が成功し長く住み続けているひとに共通する5つの考え方

移住成功者に共通する考え方1 準備は細心に、決断は大胆に
移住成功者に共通する考え方2 「よそ者」としてお邪魔する覚悟
移住成功者に共通する考え方3 人間関係は自分から広げる
移住成功者に共通する考え方4 沖縄を愛し、丸ごと楽しむ
移住成功者に共通する考え方5 お金で買えないものの価値を知る

 



お試し

お試し

情報の取り扱いの注意/免責事項

Copyright (C) 2015 okinawa-contents.com All Rights Reserved.