いよいよ沖縄でもプログラミング教育が本格化!?子供向けTech KidsCamp

おもちゃ制作中!
2020年度にはプログラミングの授業が小学校でも必修科目になることがほぼ確定的になってきました。これからの時代はパソコンができるだけじゃなくて、プログラミングの知識をある程度持っている必要があるのでしょうか。

最近では子供向けのプログラミング教室も活気を帯びてきているようで、パソコン画面を通してモノを動かしたり、簡単なゲームをつくったり。巷では「代4次産業革命」という表現がマスコミなどで盛んに使われ始めていますよね。

その流れか、沖縄でも子供向けのプログラミング教育が本格化。Tech Kids Campという入門ワークショップが開催されるようです。一体どういうものなのか、世の中どういう流れになっているのか、ちょっと調べてみました。



いよいよ沖縄でもプログラミング教育が本格化!?子供向けTech KidsCamp

 

“産業革命 意味”でググッてみると、こうでた。

手工業から近代的工業に移る時の、産業上の大きな変化。これを経て資本主義経済が確立する。

要は産業インフラが既存の手法から新しいテクノロジーを主体とした全く別のものに変わり、産業構造そのものが変化するということなんでしょうか。なんとなくこんなカンジかな。

第1次産業革命

農業や手作業による生産から機械産業・工業化への変化(18世紀ごろ)

第2次産業革命

機械化が更に進み、大量生産が始まって庶民にモノが行き渡り始める(19世紀ごろ)

第3次産業革命

生産システムが電子化され工程、在庫、製品、顧客管理などの一元化による効率化
例:トヨタのカンバン方式など

いかがでしょうか?諸説ありそうですが。

 

今いわれている第4次産業革命とは。

これについては経済産業省も今後の指針について発表しています。
http://www.meti.go.jp/press/2016/04/20160427007/20160427007.html

ページ下部にPDF資料があるので、時間ある方はダウンロードしてみてください。

とうとう国としても無視できないくらいデジタル化が急速に進行しているんだろうか。確かに、「SNSの使い分け」とか「メイカームーブメント」「ドローン」など10年位前だったら、なにそれ?という言葉どんどん出てきていますよね。

さらに10年後には、単純で危険性を伴わない作業はロボットなんかに取って代わられていたりするのかも。え?じゃあ今までそういった仕事をしていた人たちはどうなるの?そんな怖さも若干あったりしますね。

今までのように機械を動かすのではなく、機械の動きをマネージメントする知識・スキルのあるなしが問われてくる時代になるのかもしれません。そういう世の中の変化に対応するためには、やはり早いうちからの教育ということなんでしょうか。

2020年のプログラミング教育の小学校での必修化。ちょうと東京オリンピックがある年でもありますよね。てことはつまり、2020年に第4次産業革命が日本から始まる!って流れだったりして。考えすぎですかね?

 

Tech Kids Campとは

今のところは、大都市を中心として8店舗と沖縄那覇に1店舗あるみたいです。今後、全国的に出店していくのかもしれません。カリキュラムはレベルに応じて3段階に分けられていて、かなり突っ込んだ内容。

1.Scratchゲーム開発コース
2.iPhoneアプリ開発コース
3.Webアプリ開発コース
4.2Dゲーム開発コース
5.Minecraftプログラミングコース

計画を立てて段取りをし、プログラミングを駆使して作り、それをアウトプットするところまでやるそうで、かなり実践的。ていうかコレ、大人も習いたいカリキュラムじゃないですか?

くわしくはホームページをチェックしてみてください。
http://techkidscamp.jp/

 

なんか明らかに世の中の仕組み自体が変わり始めている気がします。かつて「IT人材育成」という概念的な言葉がもてはやされていましたが、ここに来てどんどん具体的になってきているようです。

平成26年5月1日付けで、「観光ビジネス振興」「沖縄科学技術大学院大学を中心とした国際的なイノベーション拠点形成」を目標とした国家戦略特区に指定されたようですし。沖縄でも仕事のやり方そのものが変わってくる可能性がありそうですね。

われわれ大人でもこれからプログラミングを勉強してスキルを習得しておいたほうがいいもかもしれません。もう歳だから。。という考え方はもはや過去のもの。もし状況が許すなら積極的に取り組んでおいた方がいいかもしれません。もたもたしていると、取り残されてしまうかも。

しかし、ココ最近の変化のスピードってスゴイですね~








お試し

お試し

情報の取り扱いの注意/免責事項

Copyright (C) 2015 okinawa-contents.com All Rights Reserved.