沖縄移住で人気の高い宜野湾市。ビーチが近くて交通アクセスの良好な「真志喜」の5つのポイント


沖縄への移住でよく考えるのが「交通のアクセスが良いか」「海が近いか」って人多いのではないでしょうか。せっかく沖縄に住むなら海の近くがいいですよね。なおかつ交通のアクセスがよく、那覇や北部などへも移動しやすい場所となれば宜野湾市が候補になってきます。

今回は、人気の宜野湾市のなかでもビーチが近くて交通アクセスが良い「真志喜」の5つの点についてお話します。



沖縄移住で人気の高い宜野湾市。ビーチが近くて交通アクセスの良好な「真志喜」の5つのポイント

 

1.国道58号線と宜野湾バイパスが近くて便利

沖縄本島の大動脈である58号線と海沿いを走る宜野湾バイパスに挟まれるようある真志喜地区は、車さえあれば那覇市へも本島の北部方面へも移動がしやすいのがメリットです。

那覇市までは車で約30分程度。朝の通勤ラッシュ時(8:00~9:00ごろ)には、渋滞にハマってしまうこともありますが、トータルでみて交通の便は良いといえます。

 

2.トロピカルビーチがすぐそこにあっていつでも行ける

海側には宜野湾漁港マリーナや海浜公園、宜野湾コンベンションセンターがあり、広々とした市民の憩いの空間が確保されています。その先にあるのがトロピカルビーチで、設備の整った安心して利用できるビーチがあります。

特に夕暮れ時のサンセットは素晴らしく、それを見るために訪れる人も多くいます。夏真っ盛りの時期にはバーベキューをするグループや家族連れでとてもにぎやかになることも。もちろん、定番のバナナボートやシーカヤックなどマリンスポーツもばっちり楽しめてしまう人気スポットです。
トロピカルビーチ

3.大物アーティストのコンサートの開催が多いコンベンションセンター

毎週末にはなにかしらのイベントが開かれているコンベンションセンター。大物アーティストがよくコンサートをすることがあり、その度に県内外から多くの人が詰めかけます。その度に大渋滞になり、どこに駐車すればいいのかわからなくなってしまうほど。

でも真志喜に住んでいれば、コンベンションセンターは十分に歩いていける距離にあります。車の心配をすることなくゆっくりコンサートやイベントを楽しむことが出来るのも嬉しいポイントではないでしょうか。

2016年のコンベンションセンターのイベント予定

6/18(土)~19(日)
イングリット・フジコ・ヘミング ソロピアノリサイタル

7/9(土)~10(日)
GENERATIONS LIVE TOUR 2016 “SPEEDSTER”

7/30(土)
aiko ライブツアー

9/3(土)~4(日)
関ジャニ∞全国イベント・ツアー

10月下旬ごろ
ゴールデンボンバー全国ツアー

などなど。他にも様々なイベントが毎年開催されています。

 

また、毎年4月10日ごろには、宜野湾海浜公園で「琉球海炎祭」という大きな花火イベントがあります。1万発を超える数の花火と音楽の祭典は、ただただ圧巻のひとこと。一度は見ておくべきイベントのひとつですよ。

 



 

4.横浜DeNAベイスターズのキャンプ地にもなっている

宜野湾海浜公園の右奥あたりにある宜野湾市立野球場で毎年、横浜DeNAベイスターズが春季キャンプをしています。ファンの方なら絶好のロケーション。いつでもキャンプの様子を見に行くことができます。わざわざ本土から来て、那覇空港からリムジンバスで見に来る人たちも毎年大勢いらっしゃいますね。

プロ野球選手の練習が間近で見れるのは、ファンのかたにとって嬉しいのはもちろん、お子様もよろこびますよね。温暖な気候の沖縄ならではの大きなメリットといえます。

 

5.大型ショッピングセンターや医療施設もあり生活インフラはばっちり

近くには県内大手小売りチェーンのサンエーの大型ショッピングセンター「サンエー宜野湾コンベンションシティ」があり、週末家族連れで訪れても一日中楽しめるくらいたくさんおテナントが入っています。

他に、地元の激安スーパーのかねひで、ユニオン。ドン・キホーテ宜野湾店も近いです。ファーストフード店も豊富で、有名なA&W牧港店、マクドナルド、モスバーガーが。特にA&Wには一度足を運んでもらいたいです。日本で最初のファーストフード店でもあり、独自のメニューがあって美味しいですよ。ルートビアはぜひ飲んでほしい1品です。

はごろも小学校、真志喜中学校、宜野湾高等学校と学校もそろっています。公園も随所にあって近所の方がウォーキングしていたり、読書していたりと憩いの場になっています。

唯一ネックとすれば、那覇市への通勤くらいでしょうか。渋滞で通常よりも20~30分ほど早く家を出ないと間に合わないこともあるかもしれません。

 

今回は、人気の高い宜野湾市の中でもビーチが近くて交通アクセスの良好な「真志喜」の5つのポイントをご紹介してみました。那覇市で働く人のベッドタウンとして、その住みやすさ・利便性から多くの人が定住している地域です。

沖縄らしい海や楽しいイベント会場に近く、いろんなショッピングを楽しめ、生活インフラもしっかりしているため移住者の居住満足度は非常に高いエリアです。いいお部屋を見つけて仕事もプライベートも充実した沖縄ライフを楽しんでくださいね。

まとめ

沖縄移住で人気の高い宜野湾市。ビーチが近くて交通アクセスの良好な「真志喜」の5つのポイント

1.国道58号線と宜野湾バイパスが近くて便利
2.トロピカルビーチがすぐそこにあっていつでも行ける
3.大物アーティストのコンサートの開催が多いコンベンションセンター
4.横浜DeNAベイスターズのキャンプ地にもなっている
5.大型ショッピングセンターや医療施設もあり生活インフラはばっちり





お試し

お試し

情報の取り扱いの注意/免責事項

Copyright (C) 2015 okinawa-contents.com All Rights Reserved.