沖縄移住が成功する人に見られる5つの共通点

出発!!

一時のブームは去ったとはいえ未だに沖縄への移住を希望する人は跡を絶ちません。沖縄の何がひとびとをそこまで惹きつけるのでしょうか。

沖縄に旅行でいくのと実際に生活をするのとではまったく違います。実際、沖縄移住にチャレンジしても2~3年で離れる人が6割以上といわれています。離れる理由としては様々なことが考えられますが、やはり定着率は良いとはいえないでしょう。

しかしその半面、移住後の沖縄生活をそれなりに満喫し、ハッピーに暮らし続けている人もいらっしゃいます。では、沖縄移住に成功した人とそうでない人の間にはどういった違いがあるのでしょうか。



沖縄移住が成功する人に見られる5つの共通点

 

共通点その1 そもそも沖縄県とはどういうところなのか

沖縄県は日本の最西端にあり、大小約160の島々からできています。人口約140万人。亜熱帯気候に属するため年中温暖な気候です。

人口に占める若年層の比率と出生率が全国トップですが、県民所得は相変わらず最下位あたりをいったりきたりの状況が続いています。

また、車社会のため、那覇市を中心として朝夕は道路がものすごく渋滞します。

経済のほうでは大企業が少なく、ほとんどが中小起業です。また給与水準は全国でももっとも低く、週休2日制を導入している会社もまだまだ少ないのが現状です。

 

共通点その2 せっかく移住したのに沖縄を離れてしまうワケとは

移住前に思い描いていた理想と現実とのギャップに苦しみ、結果として沖縄から離れる人が多いようです。

スローな環境、温和な人々、日が暮れたら仕事を切り上げてゆったり過ごし、休みの日はマリンアクティビティー。

そんなイメージをもったまま沖縄に引っ越してこられる方はだいたい、移住に失敗し沖縄を離れるケースが多いでしょう。それはなぜでしょうか。

沖縄は本土とは文化や習慣がちがっており、さらに地域ごとに違っていたりすることが多いので移住してきて戸惑う方が多いです。また、沖縄の方言や話し方の独特のイントネーションに馴染めずなかなか地域の人とうまくコミュニケーションがとれないというパターンもあります。

また、沖縄の人はよく言えば「おおらか」です。それは大いに結構なのですが仕事においてもそれが発揮されることがあり、本土の厳しい職場環境を経験されてきた方にとってはそれは「ルーズ」に見えてしまい、とてもフラストレーションを感じる方もおられます。

 

共通点その3 あまり綿密に移住計画をたてない方が意外とうまくいく

驚かれるかもしれませんが、本土の基準で沖縄移住後の生活をイメージし、しっかり計画をたててやってきても、うまくいかないケースが多いです。文化や習慣がちがうため、様々な想定外のできごとが起こるからです。そのたびにストレスを感じてしまい、結局ギブアップという人たちは跡を絶ちません。

移住後10年以上生活している人たちの共通点で多いのは意外にも、いきおいで沖縄にやってきて気づいたら何年もたっていたというパターンです。特に沖縄に愛着もなく、大して期待せず、淡々と自分のやりたいことをしながらそれなりに楽しい日々を送っている人たちです。

 



 

共通点その4 沖縄は決して楽園ではない

例えば沖縄の海が好きで田舎の海ぞいの場所に引越した場合、確かに毎日きれいな海を眺めて過ごすことはできますが、塩害がありますし、台風の時は強風にされされてしまうことも多々あります。また田舎は就職口がほとんど無いため、自分で開業するか車で1~2時間程度の街まで毎日通勤しなければなりません。

また地域の行事や集会、近所づきあいなども田舎に行けば行くほど濃くなります。そこでの人間関係に疲れてしまうパターンも多いです。

逆に那覇市などの都会に引っ越してきた場合、ある程度仕事もあり、買い物にも困ることはありませんが、せっかく沖縄に来たのに今まで変わらない生活ということにもなりかねません。就職した場合、休みも週1回という会社も多いため週末はつかれて部屋でバタンキュー。マリンアクティビティーどころではないことが多くなりかねません。

また車社会のため朝夕の交通渋滞も深刻です。職場からアパートまでたいした距離じゃないのに1時間以上かかるなんてこともザラにあります。

以上のことを踏まえた上でそれでも沖縄のなにかに惹きつけられ、上手に暮らしている人たちはたくさんいます。その人達に共通しているのは積極性です。日常におぼれることなく常に自分からさまざまなイベントに参加したり、なにかのサークルに入ったりして交流の輪をひろげています。

 

共通点その5 地域ごとに違う習慣。郷に入れば郷に従うこと

 これは沖縄だけではなくどの地域にもいえることなのでしょうが、そこでの色んな習慣や人付き合いを受け入れて少しだけ積極的に交流をしていく。それが地元の人の信頼を得ることにもなり、沖縄生活でいろいろ助けてもらうことも出てくるでしょう。

 

いかがでしたか。TVや雑誌で語られる沖縄のイメージは一旦捨て、まずは堅実な生活基盤をつくることが先決です。そうすれば心に余裕が生まれ、本土にはない沖縄の魅力を味わいながら楽しく暮らすことはできるはずです。

まとめ

沖縄移住が成功する人に見られる5つの共通点

共通点その1 そもそも沖縄県とはどういうところなのか

共通点その2 せっかく移住したのに沖縄を離れてしまうワケとは

共通点その3 あまり綿密に移住計画をたてない方が意外とうまくいく

共通点その4 沖縄は決して楽園ではない

共通点その5 地域ごとに違う習慣。郷に入れば郷に従うこと

沖縄格安レンタカー

お試し

お試し

情報の取り扱いの注意/免責事項

Copyright (C) 2015 okinawa-contents.com All Rights Reserved.