血糖値の上昇をおさえ肥満を防ぐノビレチンを多く含むシークワーサーの5つの健康効果

青切りシークワーサー

沖縄や台湾に自生しているミカン科の常緑植物のシークワーサーは、美容に良いビタミンCやカロチンを含んだヘルシー食材として有名ですね。沖縄県でも北部にある大宜味村では、山に行けばいたるところに自生しています。

シークワーサーには、柑橘系の植物がもっている健康成分ノビレチンが、温州みかんの約10倍近くも含まれており、その優れた効果・効能が注目されているんです。

沖縄産のシークワーサーに含まれるノビレチンが豊富なことで得ることが出来る5つの健康効果についてご紹介します。シークワーサーでノビレチンを効率よく摂取できるレシピもありますので、血糖値や体重が最近気になるという方はぜひ参考にしてみてください。



血糖値の上昇をおさえ肥満を防ぐノビレチンを多く含むシークワーサーの5つの健康効果

 

効果1.インスリンのはたらきを助け血糖値をコントロール

シークワーサーにはフラボノイド(植物性)の一種、ポリメトキシフラボノイドのノビレチンタンゲレチンが大量に含まれています。ポリメトキシフラボノイドは多くの健康増進作用があるとして、様々な研究が進められています。

食事によって増加した血液の中の糖を処理して、血糖値を下げる役割のインスリン。日頃の生活習慣などが原因で、このインスリンのはたらきが悪くなり血液中の糖が処理されないことで血糖値が高くなります。これをインスリン抵抗性が高い状態といいます。

ノビレチンはこうした部分に作用し、インスリン抵抗性を改善させて血糖値をさげる効果があります。

 

効果2.ナチュラルキラー細胞を活性化しがんを予防する

ナチュラルキラー細胞(NK細胞)は、常にからだの中をパトロールし、がんなどの異常細胞を攻撃して、その活動を弱めてがんの発生を防いでいるものです。

ノビレチンはNK細胞そのものを活性化して、がん細胞に対する攻撃力をアップさせる効果でがんの発生を抑制しています。

また、体内であらかじめ決められたプログラムによって、細胞が自発的に死ぬことをアポトーシスといいます。がん細胞などの異常細胞に侵入された細胞は、それに対抗する手段としてアポトーシスを選択しますが、がん細胞にアポトーシスを阻害する機能があるため、どんどん増殖してしまいます。

ノビレチンはがん細胞に侵入された細胞のアポトーシスを促進し、増殖をおさえる効能を発揮します。

 

効果3.超善玉ホルモンアディポネクチンの分泌を促進し脂肪を分解

アディポネクチンは1996年に発見されたばかりの成分で、希望の光として医学会から大注目の成分です。

アディポ=脂肪

ネクチン=吸着する

その名の通り、脂肪細胞から分泌される成分で血管にくっついてメンテナンスをしてくれる成分です。脂肪燃焼作用や血管修復作用があり、余分な脂肪を分解してくれます。

また、インスリン受容体を邪魔する悪玉脂肪酸を分解してくれるので、インスリン抵抗性もおさえられて血糖値がさがる効果もあります。

ノビレチンを摂取することで、体内でのアディポネクチンの分泌が促進されます。太り過ぎの状態では、悪玉の脂肪酸が増加して健康を害してしまいますが、アディポネクチンの分泌量が多ければ、そういった脂肪を分解して燃焼あるいは善玉の脂肪酸に変化させ、さまざまな病気の発生を防いでくれるわけですね。



 

効果4.花粉症のつらい症状を緩和する効果も

3月ごろにスギ花粉などに寄る花粉症がピークになり、多くの方がつらい思いをします。ノビレチンには花粉症をやわらげる効果もあります。花粉症とはアレルギー反応の一種で、高原である花粉が体内に入ると、それに対抗するために作られたヒスタミンが身体をまもるために炎症作用を刺激することでおこります。

ノビレチンはスギ花粉などのアレルゲンから細胞への刺激伝達をブロックし、ヒスタミンの放出を抑えることでアレルギー症状をはっせいしにくくします。ヨーグルトなどに含まれるβ-ラクトグロブリンも同じく、花粉に寄るアレルギーを緩和するはたらきがあります。

 

効果5.ノビレチンの効果を上手くからだに取り込める簡単レシピ

ノビレチンは皮の部分に多く含まれています。皮の部分は捨てずに、むしろ積極的に食べるようにすることで、ノビレチンをより多く体内に取り込めます。

以下に誰でもつくれる簡単なレシピをご紹介します。

<シークワーサー酵素のつくりかた>

準備するもの

・5リットルくらい入る瓶の保存容器

・シークワーサー2キロ

・上白糖2キロ

<作り方>

1.シークワーサーを水でよく洗い、半分にカットしておく

2.用意した瓶にカットしたシークワーサーと上白糖を入れる

3.それをできれば毎日、手でかき混ぜます。

自分の手でかき混ぜることで、手の皮膚常在菌や酵母などと混ざり合い、容器の中で発酵していきます。(もちろん、手はキレイに洗って清潔な状態で)
上白糖があることでシークワーサーの中の酵母が浸透圧によって抽出され発酵が進みます。出てきた酵素は上白糖を食べながら増殖していきます。

4.約2週間後にはシークワーサー酵素の出来上がり(寒い時期なら20日くらい)

5.ヨーグルトに混ぜて食べてもよし、スムージーに入れてもよし。なんにで使えます。

 

いかがでしたか?今回は、沖縄産のシークワーサーに含まれるノビレチンが血糖値の上昇をおさえ肥満を防ぐ5つの健康効果についてご紹介しました。今後、さらなる研究が進みそうなノビレチン。それを多く含むシークワーサーをぜひ毎日の食生活に取り入れて、健康を維持して元気にいきましょう!

まとめ

血糖値の上昇をおさえ肥満を防ぐノビレチンを多く含むシークワーサーの5つの健康効果

効果1.インスリンのはたらきを助け血糖値をコントロール
効果2.ナチュラルキラー細胞を活性化しがんを予防する
効果3.超善玉ホルモンアディポネクチンの分泌を促進し脂肪を分解
効果4.花粉症のつらい症状を緩和する効果も
効果5.ノビレチンの効果を上手くからだに取り込める簡単レシピ





お試し

お試し

情報の取り扱いの注意/免責事項

Copyright (C) 2015 okinawa-contents.com All Rights Reserved.