Archives for 4月 2016

海ぶどうの高い美容効果。特に保湿能力がとんでもなく高いらしい6つの秘密

海ぶどう
イワズタ科イワズタ属で、南西諸島や東南アジアなどの浅い海に生息する海ぶどう。沖縄では居酒屋なんかでよく注文する事が多い。なんともキレイな緑色をしてて、グリーンキャビアって呼ぶ人もいます。

シークワーサードレッシングや三杯酢みたいな酸味のあるタレがあう、あのプチプチした食感とふんわりあがってくる磯の香りは、たまに思い出して食べたくなります。

この海ぶどうはすごい低カロリーで食物繊維が多く、ダイエットにもむいてるんだけど、実は美容効果にも注目してほしい食材。今回は、海ぶどうの高い美容効果と保湿能力について6つの考察をしてみました。

どうしてあんなに低カロリーなのに、こんなに栄養素が豊富なんだろ?
[続きを読んでみる‥]

日本最速の開花!一面にひろがるテッポウユリが眩しすぎる伊江島の祭りがヤバイ

海洋博公園からの伊江島
亜熱帯に属する沖縄県ではいろんな花がいち早く咲くことでも知られています。伊江島は沖縄県北部のもとぶ半島の先に浮かぶ、面積が23平方キロほどの小さな島です。遠くから見るとちょこんと突き出たような山が印象的ですよね。

人口は約5000人でホントに小さな島なのに、色んな特産物があって、伊江牛、サトウキビから出来たラム酒、ハイビスカス園から生まれたハイビスカスソープ、島らっきょうなどなど。

そんな伊江島では毎年5月のゴールデンウィークの時期になると開花するのがゆり一面にひろがるテッポウユリの眩しさに感動してしまうあるお祭りを今回は紹介します。
[続きを読んでみる‥]

世界で初めての養殖サンゴを使った『ビーズ珊瑚』で沖縄の珊瑚が復元可能な理由

今朝の沖縄のローカル新聞の小さな記事で紹介されていたのが『ビーズ珊瑚』

グローイングコーラルというサンゴの養殖をしているNPO法人が養殖サンゴを使って、日本で初めての特許を取得して、商品化した『ビーズ珊瑚』で沖縄の海にサンゴを復元する活動のできるって聞いて、沖縄在住のブロガーとして真っ先に取材しました。

ビーズ珊瑚 <上記写真のみNPO法人グローイングコーラルFacebookページからの転用>

そもそも、養殖サンゴ?サンゴって養殖するものなのか?

この『ビーズ珊瑚』商品開発、養殖、販売をしているNPO法人グローイングコーラルのサイトをチェック→http://growingcoral.okinawa

どうやら、ここ数十年は沖縄の天然サンゴがどんどん減っていて、養殖をしないと増やすことができないんだとか。確かに、本島のビーチでは、サンゴってほとんど見られなくなっている。

で、そのNPOのサンゴ養殖技術はすごいらしく、特許も取得しているらしいです。その技術を活かして開発したのが「ビーズ珊瑚」。

早速、NPO法人グローイングコーラルに電話して、どこで買えるのか聞いたところ、那覇市にある雑貨屋さん

レネミア
(沖縄県那覇市牧志2-7-15、電話:098-866-2501)
https://www.facebook.com/renemia.okinawa/を紹介してもらって、速攻で取材開始!。

店頭に並ぶビーズ珊瑚
『ビーズ珊瑚』には、珊瑚の種類や、養殖期間別(3ヶ月、5ヶ月)で形や大きさで7種類の商品があるけど、2つと同じものがない。

早速、手に取って見る。そういえば、沖縄で長い間、暮らしているけど、サンゴを手にとって、まじまじと見たことは、今までなかったな。

なんだこれ。やたらキュートなんだが。しかも、めっちゃ真っ白なサンゴの中にうっすらビーズが見えてて、すごくキレイ・・

手のひらの上にビーズ珊瑚

店員さんに聞いたところ、サンゴが周りのものを包みこみながら成長する特徴を活かして、このサンゴが養殖したものだと証明するために、ビーズをつけたサンゴを海で養殖したのがこの『ビーズ珊瑚』とのこと。

その辺のサンゴ養殖に関わる特許が使われているんだとか。

手のひらの上のビーズ珊瑚2
ちょっとお店で詳しく話し聞いてみたので、ざっとリストアップしてみました。

 

・天然のサンゴを海から持ち帰ったりするのはNG!

・サンゴは特別な資格がないと売買や所持が禁止されている!

・NPO法人グローイングコーラルはサンゴを養殖する資格があるので販売できる

・サンゴにビーズを埋め込む特許を取得している!

・売上の3.5%をサンゴ養殖継続のための資金として使う

 

どうやら、ここ数十年で沖縄県のサンゴ礁は壊滅的に減ってきていて、かなり危機的な状況なんだとか。

そういえば、ニュースとかでサンゴの白化現象とかよく聞きますよね。

 

売上の3.5%をサンゴの養殖費にあてるということは、これを買うことで沖縄の海をまもる活動に間接的に参加できるということになるわけか。

 

でも、その前にまずこのビーズ珊瑚。オブジェとして、すげーレベル高い!なんかデカイ雪の結晶みたいだし、カタチもユニーク!

 

生き物だから、一個一個すべてカタチが違ってくるから、世界でオンリーワンなオブジェということに。これ、彼女にプレゼントしたら、間違いなくテンション上がるだろうなー

 

あわててお店に車走らせたかいがありましたよ。早速、彼女へのプレゼントと自分用に2個購入してしまいました。彼女の反応が楽しみです。

ケースの中のビーズ珊瑚

今後はネットでも本格的に販売をするらしく、ホームページのオンラインショップのURLは
NPO法人グローイングコーラル(ビーズ珊瑚ラインナップ)

http://growingcoral.okinawa/onlineshop

 

 

ダイバー仲間や知り合いにも教えようかなー。多分、すげー欲しがると思う。だって、海で勝手にサンゴ取っちゃダメなんですから。

 

しかも、ビーズ珊瑚を買うと、その売り上げの3、5%が珊瑚養殖の費用として使われ、沖縄の海に珊瑚を復元に参加できるっていうのがイイね!


バッチリ仕事を確保して格安に沖縄移住できる看護師求人がアツい5つの理由

白衣の女性
沖縄への移住をしたくても仕事を見つけることが出来るか心配で、なかなか行動に移せない方が多いです。テレビニュースでも、県民所得が最下位だとか、有効求人倍率が最低だとか。ただでさえお金がかかる移住引っ越し。ましてや海の向こうの沖縄となると。。。。

でも、そんな沖縄でも引く手あまたな仕事があるんです。それは看護師

今では、全国的に人手が足りてないといわれ、社会問題にまでなっている看護師不足ですが、沖縄でも看護師不足は深刻です。どの病院も喉から手が出るほど、人材を欲しがっていて沖縄の看護師求人はかなりの件数があります。

今回は、仕事を確保しつつ有利に沖縄移住ができる看護師求人がアツい5つの理由をお伝えします。あなたのスキルを活かして人の役にも立ちながら、お得に沖縄移住が出来るかもしれませんよ。
[続きを読んでみる‥]

実はサンゴ礁の上に建っている世界遺産。首里城のGWに開催する無料イベント

首里城
沖縄旅行の鉄板行き先のひとつが首里城。空港から車で約20分、ゆいレールの終着駅の近くにあります。那覇市でもっとも高い場所にあり、那覇の港町を見下ろしていたといわれています。

そんな高い場所にあるにも関わらず、実はサンゴ礁の死骸からなる地層の上にあるんです。もともとはサンゴ礁だった場所が、大陸プレートの移動によって押し上げられたのだとか。サンゴ礁の島、沖縄らしいですよね。

今では世界遺産に指定されて、世界的にも注目度の高い首里城のゴールデンウィーク期間限定イベントをご紹介します。何度か首里城を訪れたことがある方でも、あらたな沖縄の魅力を発見できるかもしれませんよ。
[続きを読んでみる‥]

ハイビスカスの抗酸化力が体のサビを取りみるみる若返る4つのメリット

ハイビスカス
かのクレオパトラがその美貌を保つために愛飲していたとされるハイビスカスティーには、可憐な見た目からは想像できないほどの強い抗酸化力があります。沖縄県では、いたるところで見かけるこの赤い花には、一体どんなアンチエイジングの力が隠されているのでしょうか。

美と健康を気にするなら避けて通れないのが、老化をどう防ぐか。ハイビスカスの抗酸化力が体のサビを取りみるみる若返る5つのメリットをご紹介します。沖縄の赤い花がもつ美容の効果を取り入れて、上手に若見え肌を手に入れてください。
[続きを読んでみる‥]

沖縄にしかない綺麗なサンゴ礁を見たい人にオススメする6つのビーチ

アラハビーチ
沖縄は観光スポットも多いですし、歴史的に学ぶこともたくさんある場所ですが、沖縄に来たからには一度はやっぱりビーチに足を運んでみたいものですよね。今回はその中でもサンゴ礁の絶景を見ることが出来る沖縄の6つのビーチを厳選してみました。

この夏の沖縄旅行の時にはぜひ、訪問ルートにいれて青く美しく、生命にあふれた素晴らしい海を満喫してくれることを願います。
[続きを読んでみる‥]

情報の取り扱いの注意/免責事項

Copyright (C) 2015 okinawa-contents.com All Rights Reserved.