移住予定者は覚えるべし!沖縄本島とも違う宮古島の独特の方言7つ


んみゃーち!宮古島!!

宮古島へ来た事がある方なら空港などで必ず一度は見たことがある言葉だと思います。

んみゃーち??ちょっと言いにくいけど何て意味?

沖縄本島では見かけない文字、、え?沖縄って全部方言一緒なんじゃないの?なんて思っている方も中にはいるかもしれませんね。

実は、宮古島、沖縄本島、八重山地方でも全然方言は異なります。

冒頭の【んみゃーち】は、沖縄本島で言う【めんそーれ】

この代表的な【いらっしゃいませ・ようこそ】の意味合いですが、これだけでも全く違ってくることが分かります。

宮古島でも、池間島や伊良部島、平良など地域によって話し方も変わってくるのですが、今回は移住したら良く耳にする代表的な宮古島の方言【みゃーくふつ】について、ご紹介していきたいと思います。
[続きを読んでみる‥]

宮古島移住をして地元に馴染んで暮らして行ける人の7つの特徴

下地島ランディング
1年を通して暖かい気候、温かい人、美しい海に魅せられ、いつかは移住してのんびり暮らしたい。でも、旅行と住むのとは違うと聞くし、きっかけや一歩踏み出す勇気が出ない人も沢山いるかと思います。

そこで、今回は昨年、伊良部大橋が開通して注目の沖縄本島から南西に約300km先にある人口約55,000人程の小さな島、宮古島に移住をして地元に馴染んで暮らして行ける人の7つの特徴についてご紹介したいと思います。宮古島での生活とはどういったものか、移住経験者の目線で紹介してみます。ぜひ宮古移住計画の前に参考材料にしてみてくださいね。
[続きを読んでみる‥]

情報の取り扱いの注意/免責事項

Copyright (C) 2015 okinawa-contents.com All Rights Reserved.