なんで沖縄県民はそんなに沖縄そばが好きなのかに関する5つの考察


沖縄そばは、沖縄の代表的な郷土料理の一つとして注目されており、沖縄へ旅行に行ったことがある人なら、誰もが一度は食べていることでしょう。そばと言っても、そば粉を使っているわけではないので、日本蕎麦とはまったく違うものなのです。どちらかといえば、小麦粉とかんすいを使っているのでラーメンに近い気がしますが、食べてみたら別物であることがすぐにわかります。あえて言うならば、かけうどんが一番近いのかもしれません。

観光客の中には、沖縄そばのボソボソした独特な食感が口に合わないという人も多くいるようなのですが、沖縄県民にとっては毎日でも食べられるソウルフードなのです。なんで沖縄県民がそこまで沖縄そばを好きなのか、その理由を5つの視点から紹介します。
[続きを読んでみる・・]

やんばるで食べたい、本格沖縄そばのお店ベスト7

沖縄グルメの代表、県民のソウルフードと言えば「沖縄そば」です。

沖縄ではいたるところで目にする「沖縄そば」の看板やのぼり。中でも、そばの名店が並んでいることから「本部そば街道」と呼ばれるようになった県道84号線沿いをはじめ、やんばる(本島北部)地域には数多くのお店があり、どこに入ればいいのか、迷ってしまいますね。

そこで、やんばるを訪ねたらぜひ食べていただきたい本格沖縄そばのお店を7店、「本部そば街道」と名護市内からご紹介いたします。
[続きを読んでみる・・]

情報の取り扱いの注意/免責事項

Copyright (C) 2015 okinawa-contents.com All Rights Reserved.