年末年始を沖縄で過ごすならぜひ行ってほしいご利益のある神社5つ


忙しい日々で疲れている中、待ちに待った年末年始休暇。

のんびり羽を伸ばしながらも、新しい年に向けて良い運気を掴みたいですよね。

沖縄には、琉球古来の信仰と神道そして仏道が織り交ざっている個性的な神社がたくさんあります。

今回は沖縄県内でご利益のあるといわれている特におすすめの神社を5つご紹介します。

神社巡りを通してご利益はもちろん、沖縄の新たな魅力も発見できるはずです。



年末年始を沖縄で過ごすならぜひ行ってほしいご利益のある神社5つ

 

1.波の上宮(豊漁・豊穣・財運向上・諸願成就、海の側)

名前のイメージ通り崖の上にある神社で、もともとは海神の国の神々に祈りを捧げていた場所でした。この地に熊野権現の社を建てるようにとご神託があり、琉球王朝は篤く祀ったとのことです。王も自ら正月には参拝し、琉球八社の制度ができると第一の位とされた、格式の高い神社です。豊漁・豊穣・商売繁盛・財運向上の願いが成就すると言われています。

波の上宮は那覇市内にあり、空港からはタクシーで10分程度、駐車場も20台分あります。神社の崖の下は波の上ビーチがあり、地元の人達に愛されています。

年間行事予定では、12月25日10時から御煤納、31日16時半から師走大祓と17時から除夜際が予定されています。1月1日7時からは歳旦祭、3日19時から元始際が行われます。初詣の人出は毎年約15万人前後と大変混みあいますが、沖縄の伝説や歴史を感じることができる波の上宮は、大変おすすめの神社です。

 

2.沖宮(航海・旅の安全・諸願成就、アクセス良好)

こちらも那覇市にあり空港からタクシーで10分、モノレールと徒歩の場合は15分程度とアクセスしやすい場所にあります。奥武山公園の敷地内にあり、神社周辺には運動場や子供の遊具広場などがあります。

15世紀頃、那覇の海が輝いていたのを見た王が漁夫に探らせると、不思議な古木が現れたので、この地に宮社を建てて祀った事が始まりと言われており、航海安全の祈願に尊信されてきました。この沖宮は、近代社格制度では社格を与えられていませんが琉球八社の一つであり、木々に囲まれ滝も流れている心落ち着く場所です。

ちなみに神社の中にオープンテラスのカフェがあります。昼間は木漏れ日が美しく、夕暮れから夜はライトアップされてとても素敵です。ただ、営業日や営業時間は定まっていないようですので、事前に確認してみてください。

年間行事では1月1日に元旦祭、2日に新春黄金もちつき大会が予定されています。

3.護国神社(諸願成就・金運向上、豊富な開運グッズ)

先に紹介した沖宮と同じく奥武山公園内にあり、国道331号線沿いにある大きな鳥居はこの護国神社のものです。今回紹介している他の神社は琉球王朝の頃からありますが、こちらは日清・日露戦役以降に殉ぜられた英霊や戦災の犠牲となった一般市民を祀っている神社で、昭和15年に指定護国神社となっています。

もちろん他の神社と同じく諸願成就や家内安全等のご利益があると言われており、初詣は毎年20万人を超えるため周辺道路も含めて大変な混雑となります。

近年は参拝後に宝くじが当たったなど金運・商売繁盛のご利益もあると言われています。お守りや開運グッズの種類が多く人気がありますので、参拝した後はぜひそちらもチェックしてみてください。

 

4.普天間宮(家内安全・商売繁盛・建築等の諸願成就)

那覇空港からは車で30分程度のところにある宜野湾市にありますが、那覇からの道は渋滞する事が多いので、時間帯によっては1時間程度見ておいた方がよさそうです。

この神社は、洞窟に琉球古神道神を祀った事に始まり、15世紀中ごろから熊野権現を合祀したそうです。その洞窟は今でも参拝することができ、自然の荘厳さを感じることができます。参拝時間は10時から17時までですので、注意してください。家内安全・商売繁盛などの他、建築関係の諸願成就の神様として信仰を集めています。

1月1日は歳旦祭が予定されていますが、沖縄中部・北部からの初詣客が多く、人出は例年約11万人とこちらも大変込み合います。周辺道路は普段から渋滞の多いところですので、時間に余裕をもって参拝するようにしましょう。

 

5.金武宮(出世・商売繁盛・子授け等)

空港を拠点に考えると紹介してきた神社の中では一番遠く、沖縄自動車道を使って一時間程度のところにあります。

こちらも洞窟なのですが、金武宮は洞窟自体がお社になっています。龍神信仰から始まり、出世、商売繁盛の他に子授けのご利益もあると言われています。また、すぐそばに金武観音寺というお寺もあり、いずれも16世紀ころに建立されたようです。洞窟は入場料がかかり、小学生200円、中学生300円、大人400円となっていて、9時から17時までが拝観時間となっています。地下30m、全長270mの鍾乳洞ですので、歩きやすい靴がおすすめです。

ちなみに、この洞窟の奥は現在泡盛の貯蔵庫としても利用されており、ほのかに泡盛の香りも漂う不思議な空間となっています。また、戦災を逃れたため昔からの建物が残っていて、沖縄らしい情緒も感じることのできる魅力的な神社です。

 

いかがでしたか?今回は沖縄のご利益がある5つの神社とその魅力についてご紹介しました。

神社巡りは開運とともに沖縄の独特の文化や習慣に触れる良い機会になりますので、ぜひ楽しんで下さいね。

まとめ

年末年始を沖縄で過ごすならぜひ行ってほしいご利益のある神社5つ

1.波の上宮(豊漁・豊穣・財運向上・諸願成就、海の側)
2.沖宮(航海・旅の安全・諸願成就、アクセス良好)
3.護国神社(諸願成就・金運向上、豊富な開運グッズ)
4.普天間宮(家内安全・商売繁盛・建築等の諸願成就)
5.金武宮(出世・商売繁盛・子授け等)



お試し

お試し

情報の取り扱いの注意/免責事項

Copyright (C) 2015 okinawa-contents.com All Rights Reserved.