沖縄移住のココがキモ!最初におさえておきたい3つのポイント

軒先のシーサー
最近の気候変動のせいか、いまや避暑地としての利用価値もでてきた沖縄は、移住希望者の数も年々増加する傾向に。真夏の気温は意外にも30度を大きく超えることはありません。東京や大阪などの大都市圏での真夏の猛暑は、ビックリするくらいの高温になりますよね。沖縄では、日陰にかくれて直射日光さえ避けていれば、なんとかなります。

でも、思ったほど暑くならないからってだけで沖縄生活がうまくいくわけではありません。本気で沖縄に移住をしたいと考えている方が実行に移す前に、もっとも大切な3つの項目知ってますか。この3つのポイントをチェックして、移住直後の困難を乗り越えて、たのしい沖縄ライフをエンジョイできるように頑張りましょう!



沖縄移住のココがキモ!最初におさえておきたい3つのポイント

 

1.沖縄だから家賃が安いと思っていませんか?

単身者用のお部屋といえば1ルーム、1K、1DKなど。家賃相場を関東圏でみると、東京でだいたい平均が7万円強、続いて神奈川の6万弱、兵庫の5万円代前半という風になっています。

那覇市には、家賃相場としては決して安くはありません。単身者用の物件の家賃平均は5万円くらいします。この金額を見て、「自分の住んでる地域より高い」と驚いた方もいるのではないでしょうか。実は2015年の時点で、全国で最も平均家賃相場が安いのは群馬県で、3万8千円くらいなんです。沖縄県は4万7千くらいで、全国の中で中間よりやや下くらい。

大都市圏から移住してくる方は、家賃が安いといいますが、それ以外の地域から移ってこられた方は「意外に高い」という声をよく聞きます。沖縄県内で市町村別の家賃平均相場をまとめてみました。

賃貸家賃相場(沖縄県本島)

間取り:ワンルーム/1K/1DK/1LDK
築年数:20年以内
単位:万

那覇市 :5.0
宜野湾市:4.7
浦添市 :5.1
名護市 :4.7
糸満市 :4.5
沖縄市 :4.8
豊見城市:4.7
うるま市 :4.6
南城市 :4.4
読谷村 :4.8
北谷町 :4.8
北中城村:4.3
中城村 :5.5
西原町 :4.3
与那原町:5.3
南風原町:4.1
八重瀬町:5.2

これを見ると那覇市の家賃はやはり高い印象があります。
このデータは単身者向けといわれる間取り(1ルーム、1DKなど)でまとめてあり、築年数が20以内の物件が対象です。
市街地や幹線道路から離れている、入り組んだ路地にある、築年数が古い(30~40年超)などの条件でならもっと安い物件はあります。

 

2.沖縄での仕事を決めてからの移住ですか?

ご存じのように、沖縄県は有効求人倍率、県民平均所得などで全国ワーストのあたり。年収が200~300万の人数が多いのが実情です。いろんなサイトで沖縄県は平均年収330万とか書いてるものが多いですが、実際にはもっと低いと思ったほうがいいでしょう。
実は沖縄は給与の格差が大きく、年収1000万以上の人が意外に多くて全体の約2割いるといわれています。その2割がもしかしたら、平均額を上げているのかもしれません。

沖縄で年収が大きい人は、医療関係、専門職系の公務員(一般の公務員の方はそんなにもらってないと聞きます)、米軍基地に土地を貸している基地収入がある方など。開業して成功した人もいますが、事前のリサーチと事業スキームがしっかり構築されていないと難しいというのが現状です。

ハローワークで求人検索をすればわかりますが、月収20万超の求人数は少ないです。営業系やシステムエンジニア系、コールセンターの管理職クラスとか。

オススメは看護師で沖縄でも常に人材不足で、就職率はほぼ100%に近いです。資格をもってさえいれば売り手市場なので、給与や待遇の良い職場は見つかりやすいでしょう。看護師募集サイトや転職コンサルなどこまめにチェックしておくことがポイントです。

 

3.移動手段としてクルマは確保してますか?

公共交通機関がそれほど発達していない沖縄県は「車社会」です。ほとんどの人が通勤やレジャーではクルマを使います。沖縄都市モノレールの「ゆいレール」が那覇で運行していますが一部の地域のみ。

ゆいレール駅一覧

那覇空港
赤嶺
小禄
奥武山公園
壺川
旭橋
県庁前
美栄橋
牧志
安里
おもろまち
古島
那覇市立病院
儀保
首里

2016年5月現在は15個の駅がありますが、ルートも1つしかなく駅の数も足りないため、ほとんどの人はクルマで移動しています。バスもありますが、渋滞が多いため時刻通りに到着しないことも多く一部の人しか使いません。

部屋と職場がよほど近くないかぎり、通勤にはクルマかバイクを使うことになります。バイクは確かにガソリン代もかからないし、渋滞でもスムーズに行きやすいですが、突然のどしゃぶりの雨なども多い沖縄ではクルマに乗ることをおすすめします。小さな島国の沖縄ではクルマの走行距離も短いため、燃費の面から軽自動車やコンパクトカーが主流です。今の軽自動車は車内が広いタイプのものが多く、休日の日にスキューバダイビングに出かける時でも十分に荷物がのります。

アパートを借りる際にも駐車場は軽自動車限定という物件もよくありますから、まずは軽自動車を持っていたほうが生活やしやすいといえます。いつ本土に戻るか分からないという方は、カーリースも選択肢として考えておくべきです。軽自動車なら毎月1.5万~3万で車検などのメンテナンス付きのプランもあります。ご自分の計画に合わせてベストな選択になるよう、移住前にじっくり検討してみてください。

 

沖縄移住のココがキモ!最初におさえておきたい3つのポイントでしたが、なにかヒントになりましたか?この3つのポイントを事前にしっかりおさえておくことで、沖縄移住の成功の確立はぐんと高まりますから、あせらずに無理のない沖縄移住計画を立てましょう!

まとめ

沖縄移住のココがキモ!最初におさえておきたい3つのポイント

1.沖縄だから家賃が安いと思っていませんか?
2.沖縄での仕事を決めてからの移住ですか?
3.移動手段としてクルマは確保してますか?





お試し

お試し

情報の取り扱いの注意/免責事項

Copyright (C) 2015 okinawa-contents.com All Rights Reserved.